学校紹介
Introduction

施設紹介

中野校舎

立80周年記念事業として、平成15年に全面改築された中野校舎。3年間の、かけがえのない高校生活の舞台となります。 快適な普通教室をはじめ、広々とした閲覧席が特徴の図書館や開放感のあるカフェテリア、東亜学園ならではのフェンシング場、本格的なホールやリラックスできる屋上庭園など、充実した3年間を過ごすための施設が整っています。

カフェテリア カフェテリア・ラウンジでは、昼食や放課後開放し、生徒たちのリラックスタイムや自習の場として活用されています。昼休みには、ランチメニューや購買で弁当を販売していますが、自宅からのお弁当を食べることもできます。気の合った友だちと談笑しながらの昼食で気分をリフレッシュして、午後の授業にのぞみます。

日替わりランチ メンチ、オムレツ、牛丼、チキンソテー、ビビンバ、そぼろ丼、焼肉など
麺類・カレー 肉うどん、たぬわかうどん、とんこつラーメン、ワンタン、みそラーメン、カレー、カツカレー、エビカレー
日替り弁当 カツ弁当、ソース弁当など
その他 一品料理

小平総合グラウンド

小平総合グラウンドは、体育や家庭科のほか、クラブ活動や学校行事、合宿の重要な拠点。 広々としたキャンパスには、階段教室や調理教室、茶華道兼用の和室、200mトラックのグラウンド、テニスコート2面、投球練習場もある体育館、80名宿泊可能な合宿所を備えています。さらに体育祭や球技大会もここで行われます。

蓼科キャンパスロッジ

春・夏のまぶしいばかりの緑、紅葉の赤が夕日に溶ける、そして夜空の流れ星、こんな光景をご覧になったことはありますか?蓼科の自然はダイナミックです。高原のさわやかな環境でキャンパスロッジから見渡せるのは、霧ヶ峰、蓼科山、八ヶ岳と雄大な景色が広がります。この施設は主に各クラブの夏合宿に利用され友情をはぐくむ場になっています。