無学期制
1年間をかけてじっくりと学んでいく

定期試験を終わりととらえず、
スタートととらえる。

東亜学園の1年間には1学期、2学期、3学期という、学期の区切りはありません。1年をかけてじっくりと自分の力を伸ばしていきます。1年という長い時間で自分自身の力を客観的に認識し、しっかりと伸ばすための取り組みをご紹介します。

3つのポイント

01
警告試験

理解できていないところを見つける

本校では、自分の“今”の学力を確認する警告試験を行います。試験は年3回実施します。それまでの学習定着度を確認し、今後の学習方法を考える試験です。
02
フィードバック補講習

苦手を残さない、徹底したサポート

警告試験の結果、理解できていないところについてフィードバックの為の講習・テキストを用い、足りない部分を集中して補習し、課題を克服します。
03
進級試験

すべての試験の範囲は4月から

学習のペースには違いがあります。毎日の積み重ねができる生徒もいれば、自分のリズムで学力を伸ばす生徒もいます。自分なりのペースで1年間学び、その成果を試すのが学年末の進級試験です。

1年の流れ