メディアポリシー
Media Policy

本校のソーシャルメディアポリシー

現在、スマートフォン、携帯電話、インターネットなどは、生活になくてはならないものになっています。インターネット上の掲示板やTwitter、Facebook等、ソーシャルメディアと呼ばれる情報発信・交換できるサービス、また、メール、LINEなどのコミュニケーションツールが急速に広まり便利になりました。その反面、トラブルに巻き込まれ、事件の被害者になるケースも発生しています。時には、自分が意図せず加害者になることも考えられます。本校では、ソーシャルメディアやコミュニケーションツールを使用する上での考え方をソーシャルメディアポリシーとしてここに定めましたので、保護者の方も含め生徒の皆さんは、十分に理解してください。

1.デジタルデータは残り続ける

Twitter、Facebook、LINE等のSNSはもちろん、メール、個人メッセージを含め、限られたコミュニケーションツール(カギをかけたSNS等)であっても、そのデータはスクリーンショットなどによりコピーされ、一生(もしくはそれ以上)残り続ける可能性があります。インターネットへ公開、送信してしまったデータは他人にコピーされ、世界中に拡散されるかもしれません。

2.今は良くても、この先はわからない

楽しいときは気持ちが高揚し、正しい判断ができないことがあります。そのときは良くても、後で後悔することがないように冷静な判断を心がけましょう。特に、他人に見られて困るような自分の姿、容姿は絶対にデータにしない・させないでください。ネット上に載せる前、送信する前に、客観的な視点で情報を確認しましょう。

3.自分・他人の個人情報は絶対に公開しない

個人情報とは、氏名、年齢、電話番号、住所、学校名などだけではありません。内容から個人を特定できるもの全てが個人情報として扱われます。たとえ名前を出していなかったとしても、公開された情報から個人が特定できれば、それは個人情報保護法に違反しているということです。

4.他人、学校の名誉を傷つける書き込みは絶対にしない

他人、学校に対する誹謗、中傷などの書き込みは断固として許しません。他人が掲載したものでも、引用して掲載すれば同様に責任を負います。そのような行為が発覚したときは、厳正に指導を行います。また、学校の指導のみならず法的な処罰を受ける可能性のあることを重々承知してください。

4.他人、学校の名誉を傷つける書き込みは絶対にしない

他人、学校に対する誹謗、中傷などの書き込みは断固として許しません。他人が掲載したものでも、引用して掲載すれば同様に責任を負います。そのような行為が発覚したときは、厳正に指導を行います。また、学校の指導のみならず法的な処罰を受ける可能性のあることを重々承知してください。

5.GPS機能に気をつけましょう

携帯電話等のカメラ機能には撮影場所を記録する機能(ジオタグ)があります。SNSなどにも同様のGPS機能があります。この情報は誰でも簡単に見ることができます。自分の住所等の位置を他人に知られることは、危険につながる可能性がありますので設定をきちんとしてください。

6.わからないこと、困ったことがあったら先生や大人に相談しよう

ソーシャルメディアを利用すると、詐欺などの被害者になる可能性があります。手口も高度になってきており、自分だけで解決しようとすることは危険です。必ず保護者や先生に相談しましょう。何か困ったときは、なるべく早く相談しましょう。もちろん、自分が加害者になってしまったときも同様です。

※保護者の方へ

本校では原則的に緊急時の連絡用としてのみ携帯電話の校内持ち込みを許可しています。平常時、校内での使用は禁止しており、電源OFFを心がけるよう指導しています。規則に違反した場合は指導の対象となりますのでご注意ください。携帯電話を巡っては全国的に様々なトラブルが発生しています。加えて、中・高校生の場合は学習面の妨げになったり、契約者が保護者であることから、高額な負担が発生するなど、誤った使用法の責任を負うなど、トラブルに巻き込まれる例も少なくありません。ご家庭におかれましても携帯電話の使い方についてよく話し合い、一定のルールを設けて正しく使用するようにご指導願います。